建設業派遣の平均時給はどのくらい?ボーナスはもらえる?

公開日:2024/02/15  

給料

建設業界で働く際、派遣社員としての給与について気になる方も多いことでしょう。この記事では、建設業派遣の平均時給やボーナスの有無に焦点を当て、建設業派遣の給与事情や同一労働同一賃金の制度などを掘り下げて解説します。建設業派遣の実態を知り、適切な給料を手に入れるためのポイントを押さえましょう。

建設業派遣の平均時給はどのくらい?

建設業界での派遣社員の平均時給は、職種や経験によって異なりますが、一般的には比較的高い水準が設定されています。求人ボックス給料ナビのデータによれば、建設作業員の派遣社員の平均時給は1,295円となっています。

また専門職であれば、その技術や経験に応じて優遇され、時給が他の職種よりも高いことがあります。大手ゼネコンの派遣現場で働く場合、時給が一層高くなる傾向があります。

派遣先が大手ゼネコンである場合、時給は高水準に設定されることが一般的です。また、建設業界は人材が不足しているため、需要が高まっており、高収入を得やすい環境が整っています。

同一労働同一賃金の制度と建設業界

派遣社員として働く場合、同一労働同一賃金の制度が導入されています。これは、業務内容が同じであれば雇用形態に関わらず同一の賃金が支給されるべきだとする考え方から生まれたものです。

建設業界でも、この制度が適用され、正社員と同様の給与を得ることが期待されます。

専門職の経験年数や資格による給与差

給与には建設業派遣の経験年数や保有する資格、役職などが大きく影響します。経験が長いほど、また上級の資格や役職にあたるほど高い給与が期待できます。

資格手当制度がある企業では、一級建築士や一級建設業派遣の資格を持っていると手当が支給され、給与をアップさせることができます。

建設業派遣のボーナス事情

ボーナスは企業の規模や方針によって異なりますが、一般的に派遣社員として働く場合、ボーナスの支給は期待できません。ただし、派遣元の雇用条件によっては、正社員と同等のボーナスが支給される場合もあります。

建設業界では、高い時給としっかりとした残業代の支給があるため、ボーナスがなくても比較的高い収入を得られる傾向があります。

適切な給料をもらうためにチェックすべきポイント

建設業界で専門職として働く場合、適切な給料を得るためにはいくつかのポイントを確認することが重要です。残業代の全額支給や資格手当の有無、休日出勤手当や代休制度など、これらの要素が給与にどのように影響するかを理解し、自身の経験やスキルを最大限に評価してもらうことがポイントです。

残業代が全額支給されるか

建設業は多くの場合、残業時間が発生しやすい職種です。適切な給料を得るためには、残業代が全額支給されるかどうかを確認することが重要です。

固定残業手当がある場合、基本手当に含まれる残業分があらかじめ給与に含まれていることがありますので注意が必要です。

資格手当の有無

建築業界では資格手当が一般的に設けられています。とくに高度な資格や国家資格を保有する場合、その手当は給与を大きく引き上げる要因となります。

資格手当の有無やその金額を確認し、資格取得に積極的に取り組むことで収入を向上させることができます。

休日出勤手当の有無

建設現場では工期通りに工事を進める必要があるため、休日出勤が発生することがあります。休日出勤手当や代休制度があるかどうかを確認することで、ワークバランスを保ちながら働くことができます。

これにより、適切な給与と働きやすい環境を手に入れることができます。

時給の良い派遣につきたいなら複数の派遣会社に登録しよう!

時給のよい建設業派遣を見つけるためには、派遣会社の条件や担当者の質が大きな影響を与えます。

したがって、登録する際には一社だけでなく、複数の派遣会社に登録して比較することが重要です。異なる派遣会社では時給や福利厚生、案件の豊富さなどが異なる場合があります。

また、担当者のサポートやコミュニケーションの質も重要なポイントです。ひとつの派遣会社に絞ると、よい案件や適正な時給の情報を逃す可能性があります。

複数登録することで、派遣先の選択肢が広がり、理想的な条件にマッチする可能性が高まります。担当者の対応やアフターケアも重視すべき点であり、複数登録することで信頼性の高い担当者を見つけやすくなります。

また、求人募集のタイミングや地域差も存在するため、複数の派遣会社に登録しておくことで、市場の動向を把握しやすくなります。これにより、時給がアップするような好条件の案件に早めにアクセスできるでしょう。

総合的に見て、複数登録は時給の向上や働きやすい環境を見つける上で有益な戦略といえます。

まとめ

建設業界での派遣社員の給与は、時給が高く設定される傾向があり、専門職は特に高収入を期待できます。同一労働同一賃金の制度が導入され、正社員と同等の給与が期待できることも魅力的です。

経験や資格、役職によって給与に差が出るため、自身のスキルや取得した資格を活かして最適な給与を手に入れることが重要です。ボーナスの支給は企業によって異なりますが、時給と残業代がしっかり支給されるため、高い収入を得ることができるでしょう。

適切な給料を手に入れるためには、残業代や手当の条件をしっかり確認し、自身のスキルをアピールポイントとして活かすことが鍵となります。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

建設業での派遣について本記事では、派遣が禁止されている理由や罰則について詳しくみていきます。そして、法律で認められている派遣業務にフォーカスし、どのような仕事が許されているか解説します。最後
続きを読む
建設業界は、プロジェクトの期限や物理的な労働の厳しさから、従業員のモチベーション管理が特に重要です。それは正社員のみならず、派遣社員にも同じことがいえます。そこでこの記事では、建設業で働く従
続きを読む
建設業界における派遣労働者は、特有の課題と機会に直面しています。キャリアアップを目指すには、効果的なスキルと資格の向上、派遣から正社員への転換など、様々な戦略が必要です。この記事では、これら
続きを読む