建築人材派遣で採用される志望動機の答え方とは?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/27

「建築業界で仕事をしたいけど、採用されるか不安」とお悩みではないでしょうか。

今回は建築人材派遣の仕事内容や、採用担当者に伝わる志望動機の答え方について解説していきます。建築人材派遣を検討している方は、ぜひ本記事を参考にして、面接で志望動機を伝えましょう!

建築業界の仕事は大きく分けて3

建築業界の仕事内容は大きく分けて、「建築」「土木」「設計」の3種類があります。ここでは、それぞれの仕事の特徴や業務内容について解説していきます。

建築

建築の仕事では、主に住宅や商業施設等の建物の設計図を描き、それを基にした工事の監督を行います。打ち合わせを重ねながら施主が思い描くイメージを図面に落とし込み、理想を現実に変えていくことが建築の仕事のやりがいであり、難しい点でもあります。

また、施工管理も重要な仕事の1つです。施工管理では実際に現場に赴き、「工程管理・品質管理・予算管理・安全管理・環境管理」を行いながら、自分が設計した通りに工事が進んでいるかを確認していきます。

土木

土木は建物を建てる際に地盤を強くしたり、地面を掘り進めたりといった肉体労働が主な仕事内容です。

土木の特徴としては、国や地方自治体などの官公庁からの依頼によるダムやトンネルの建設などインフラ整備の工事が多い点が挙げられます。

設計

設計の仕事内容は、意匠設計構造設計設備設計が主体となります。意匠設計では、建築の内観から外観のデザインを担当します。構造設計はその名の通り、建物の構造を設計するため、とくに数学的な素養が必要となる仕事です。

設備設計では設備や建築の内部のインフラの設計を行います。どのような建物にするといった企画・構想の段階から、法令的に建物が問題ないかの確認、図面作成、官公庁の許可申請が主な役割です。

なぜその会社を選んだのかを明確にしよう

建築業界の志望動機を考える際には、「なぜその会社を選んだのか」を明確にすることが大切です。面接官はなぜ自社を選んでくれたのかを面接で判断するため、その理由を明確に答えられるようにしましょう。

志望する企業がどのような建物や構造物を作っているのかなど業種に着目してみてください。企業によって得意とする建物や構造も違い、どのような建物を建てているかによって身につく技術も異なるため、これらを志望する企業ごとに押さえておくのもよいでしょう。

志望動機を明確にする

企業のどこに魅力を感じたのかを具体的にすることによって、志望動機も明確になります。「興味がある」など漠然とした理由では直接的な評価にはつながりにくいため、会社説明会に参加したり、新聞やニュース等で建設業界についてリサーチしたりして知識を深めていきましょう。

自分が建築業界でどのように貢献できるか明記しよう

志望動機を書く際には、自身の強みをしっかりと理解していないと面接官に熱意や意思を上手に伝えられません。日本人は「謙虚さ」を重んじる傾向が強いため、面接の際に自分の強みを自信満々にアピールできないという方も多いでしょう。

しかし、自分が入社後に企業や建築業界でどのように貢献できるかをアピールすることは非常に重要です。伝えることで、面接官は採用するメリットを明確にできるため、他の志望者と大きく差を付けることができます。

企業・建設業界で自分がどのように貢献できるかを明記するためには、志望する企業のことや業界そのものについて理解しておく必要があるため、リサーチを欠かさず行うようにしましょう。

また、企業が目指している目標、掲げている理念と自分が貢献できる内容が合致するほど、高い評価を得られる傾向にあります。

企業・業界で求められる能力を把握しておく

事前に企業・建設業界で求められるスキルを把握しておき、自分にその能力が不足しているのであれば、志望する前に身に着けておくのもひとつの手段です。

建設業界ではその時々によって、さまざまな能力が必要になってくるため、志望する企業でどのようなスキルが求められるのかを見極められるようにしましょう。

動機はなるべく簡潔に!

面接官は何百もの志望動機を目にするため、長々とした文章は避けられてしまう可能性が高いです。相手にも読みやすくよい印象を与えるためにも、動機はできるだけ短い文章で簡潔に表現するようにしましょう。文章が短いと物足りなさを感じたり、誠意が伝わらないと不安に思ったりする方も多いかと思われます。

しかし、実際には相手に伝えたいことが分かりやすく簡潔にまとまっているのであれば、短い文章でも問題ありません。

 

この記事では、建築人材派遣の主な仕事内容や採用されるための志望動機のポイントについて解説しました。建築業界ではさまざまな仕事内容があるため、職種に合わせて志望動機をアピールすることが重要となります。

どの職種においても事前のリサーチが大切なため、希望する企業や仕事についての理解を深めておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

建設業界が未経験の派遣社員でも働けるのか?と疑問に思っている方もいるでしょう。建築業界で働いたことがないけれど建築業界に興味がある、今後建築業界で活躍したいと思っている方、建築業界で活躍する
続きを読む
そろそろ住宅を購入したいなと思っている派遣社員の方、住宅ローンの申請が通るかどうか心配する方が多くいるのではないでしょうか?正社員として働いていたら、年収さえクリアしていればローンの申請も問
続きを読む
働き改革が進んでいる昨今、派遣社員が注目を集めています。自分のライフスタイルに合わせたり能力を活かせたりすることが魅力の1つです。そんな派遣社員は登録できる年齢に制限があるのでしょうか。今回
続きを読む