未経験の派遣社員でも建築業界の仕事はできる?

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/04/13

建設業界が未経験の派遣社員でも働けるのか?と疑問に思っている方もいるでしょう。建築業界で働いたことがないけれど建築業界に興味がある、今後建築業界で活躍したいと思っている方、建築業界で活躍するにはどのようなスキルが必要になってくるか知っていますか?今回は建築業界で活躍できる、建築業界に求められるスキルをみていきましょう。

未経験でも持っておくと便利なスキルは?

どんな仕事でも、未経験でも、身につけておくと便利なスキルがあります。これからご紹介するので、今後活躍の幅を広げられるように、また、就業時に有利になるように、スキルを磨いていきましょう。

敬語

あらゆる場面で必要不可欠になってくるのが敬語です。敬語が上手に使えていないと、違和感を覚えられてしまったり、敬語もできないのかと甘くみられてしまったりする場合もあるので、必ず習得しておきましょう。

敬語には尊敬語、丁寧語、謙譲語があるので、上手に使いわける必要があります。敬語は相手を立てられることや、相手に丁寧に接することになるので身につけておいて損はないスキルです。

また、近年は敬語が使えない大人も多くいるので、敬語が適切に使えるだけで一目置かれるかもしれません。敬語の使い方はインターネットで検索すると簡単に知ることができるので、今使っている敬語が合っているのかどうか、確認してみましょう。

ビジネスマナー

ビジネスマナーも社会に出ていくうえで、必ず必要になってきます。適切な身だしなみはもちろん、挨拶や仕事の進め方など、さまざまな場面で必要になるでしょう。

ビジネスマナーを学ぶ場合もインターネットや書籍などで、独自に学ぶことができます。また、ビジネスマナー講座など行っているところもあるので、独学ではなく、人から教わりたい方は参加してみるとよいでしょう。

電話対応スキル

電話の対応スキルは、職場での電話対応が必要な職種で大変活躍します。電話対応には、相手が伝えようとしている内容を適切に理解することや、こちらの伝えたいことをしっかり伝える能力が必要です。

電話対応には3コールルールなどありますが、基本的に電話は相手の顔が見えないので、表情や動作での読み取りが難しくなります。間違った対応をしてしまうと後々、クレームやトラブルになりかねないので、電話対応のスキルも取得しておくとよいでしょう。

また、電話が苦手という方も多いので、電話対応のスキルを身につけることで、苦手意識が軽減されるかもしれません。

パソコンスキル

今後、必要性の大きいスキルにパソコンスキルが挙げられます。今や、パソコンやタブレットなどを職場で使用する職種も増えてきているため、このスキルがないと仕事をしていく上で苦労するでしょう。苦手だからと遠回しにしておくと時代についていけなくなる可能性があるので、必要最低限の使い方は頭に入れておくのがおすすめです。

また、パソコン関係の職種になると、ワードやエクセル、パワーポイントなど必須事項になっている場合もあるので、パソコンを使用する職種を希望する場合は早めのうちから身につけておくとよいでしょう。仕事が始まってからついていけないなどならないようにしたいものです。

人間関係構築スキル

今後働いていく上で、人間関係はもっとも重要な要素になってくるので身につけておいて損はないでしょう。人間関係はさまざまな場面で必要不可欠なので、良好な人間関係を築ければ仕事も良好に進んでいきます。人間関係を円満に進める方法は、書籍やインターネットで学べるので目を通しておくとよいでしょう。

建築業界で求められているスキル

建築業界で求められるスキルは、少しほかの職種と違うところもあります。たとえば、パソコンスキルの中にCADとうスキルがあると大変有利です。また、このCADというスキルが必須項目になっている会社も多いので、今後建築業界で働きたい人は身につけておくとよいでしょう。

CADは設計に必要な製図や完成図を作成できるものになります。CADを学びたい場合は無料や有償のソフトや書籍、インターネットでも学べるでしょう。また、講座やスクールもあるので今後建築業界で働きたい人は自分に合った方法を調べてみてください。

また、CADには資格も存在しますが、資格がなくてもCADが使用できればよいという求人も多いので、まずは使用できるようにしておくとよいでしょう。

建築業界も未経験を募集していることがある

未経験だけど建築業界で働きたい、そんな方もいるでしょう。実際、未経験でも応募可能な求人はあります。

大手の建設会社の場合は経験やスキルが必要としていることが多いですが、中小企業なら未経験で資格がなくても応募できる可能性があるのです。なぜなら、建設業界には個人事業主が多く、「親方」と呼ばれる人の下で人材を募集していることが多いから。

また、30歳以降になると未経験からの転職は難しくなるとされています。しかし、建築業界なら30~40代の未経験でも求人が見つかる可能性は高いです。ただし、肉体労働は避けられないので、体力に自信があり、これから建設業界でスキルを身につけていく覚悟が必要でしょう。

建築業界の求人はキャリア形成の目的から、年齢制限を設けているところもありますが、まったくないわけではないので探してみるとよいでしょう。

派遣会社の無料研修や講座を受けるのもおすすめ

建築業界で必要なスキルを身につけるのなら、派遣会社の無料研修や講座を受けるのもおすすめです。派遣会社には独自に無料の研修や講座を設けている場合が多くあります。派遣会社を通して働く場合には便利なツールになるのでぜひ活用してみましょう。

また、近年はインターネットで受講できる講座もあるので、登録した派遣会社と相談して、自分に合った方法を見つけ、スキルアップを図るのがおすすめです。

 

未経験で建築業界で働きたい場合、必要最低限のスキルは身につけておくとよいでしょう。必要最低限のスキルは今後生活していく上で必ず役に立つので身につけて損はありません。また建築業界にはCADの使用スキルが必須な会社もあるので、使用できるようにしておくとなおよいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

人材派遣における3年ルールをご存知でしょうか?初めて派遣という働き方をした人は、聞き慣れない言葉だと思います。同じ場所で働き続けられれば1番いいのですが、そうすることができないのが特徴です。
続きを読む
さまざまな業界で人手不足という声をよく聞きますが、建設業も例外ではなく、深刻な問題となっています。人材を確保する手段として出向や派遣がありますが、2つの違いがよく分からないという方も多いので
続きを読む
建設業での一般労働者の派遣は違法にあたります。しかし、業務内容によっては違法でないものもあります。そこで、建設業で派遣労働者が禁止されている業務の内容と、違法ではない業務内容を紹介します。ま
続きを読む