建設業の派遣は違法?認められている派遣の業務について解説

公開日:2024/06/15  

建築派遣違法

建設業での派遣について本記事では、派遣が禁止されている理由や罰則について詳しくみていきます。そして、法律で認められている派遣業務にフォーカスし、どのような仕事が許されているか解説します。最後に、信頼できる人材派遣会社を選ぶためのポイントも確認しましょう。安心して建設業に従事するためには、正確な情報収集が不可欠です。

禁止されている理由や罰則について

建設業での労働者派遣が禁止されている理由とその背後にある罰則についてみていきましょう。まず、派遣が禁止される範囲は土木、建築、工作物の建設に関する作業やその準備作業におよびます。これには改造、保存、修理、変更、破壊、解体などが含まれています。

禁止されている理由

・安全確保

建設現場では異なる企業からの労働者が協力して作業するため、指揮命令系統が不明瞭になり、労働災害のリスクが高まります。発生した災害の際、責任の所在が曖昧になり、労働者本人が不利益を被る可能性があります。

・雇用安定

建設業界は需要が不安定で、「受注生産」が基本です。労働者派遣が認められると、業務量の少ない時期に労働者が派遣切りとなり、雇用の不安定性が増大する可能性があります。

罰則について

・派遣元(派遣会社)に対する罰則

派遣元には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられるほか、労働者派遣の事業停止命令などが課せられます。

・派遣先(建設会社)に対する罰則

派遣先には是正勧告が出され、従わない場合には企業名の公表というペナルティが与えられます。

禁止する目的

労働者の安全確保と雇用の安定を図るために建設業界において派遣を禁止する規制が設けられています。安全で安定した労働環境を守り、建設業界全体の発展に寄与するため、これらの制度が厳格に実施されています。

派遣で認められている業務

建設業において、労働者派遣が認められている業務について解説します。労働者派遣が禁止されていない業務は以下の通りです。

事務作業

建設会社のオフィス内や工事現場の仮設事務所で行われる事務作業は、派遣として従事可能です。電話応対、書類のチェックなど一般的なオフィス業務が含まれます。ただし、工事現場での事務作業が現場作業と兼ねる場合、現場作業が軽度であっても派遣は禁止されます。

オペレーター

建設業におけるコンピュータ操作に関連する業務も派遣の対象です。CADオペレーターやBIMオペレーター、CIMオペレーターなどが含まれます。これらの作業は工事現場での直接的な建設作業には該当せず、労働者派遣が可能です。

施工管理

建設の施工計画の立案、工事の進行管理、品質管理、安全管理などを行う施工管理業務も派遣の対象となります。これらの業務は建設工事の重要な部分を担っており、労働者派遣事業関係業務取扱要領により「建設業務に該当せず労働者派遣の対象となる」と明記されています。

ただし、施工管理業務を担当する派遣労働者が工事現場の作業(軽作業を含む)は行えません。これらの業務は、建設業界において労働者派遣が禁止されている規定の例外として許可されています。

これにより、人材不足や専門技術の必要性に応じて労働者派遣の活用が可能です。建設業に従事する企業や派遣労働者にとって、柔軟かつ効果的な雇用形態の一環となっています。

人材派遣会社の選び方

派遣として建設業界で活躍するためには、適切な人材派遣会社の選択が不可欠です。以下のポイントを考慮して人材派遣会社を選ぶことが重要です。

希望に合ったサービスの提供

建設業界は多岐にわたる仕事があります。建設会社ごとの特徴を理解し、そのニーズに合わせたサービスを提供している人材派遣会社を選ぶことが重要です。技術レベルやスキルセットに焦点を当てた選定がプロジェクトのスムーズな進行に繋がります。

教育プログラムの充実度

建設業界では専門的な技術が求められます。人材派遣会社がスタッフのスキル向上を図るための充実した教育プログラムを提供しているかどうかを確認しましょう。トレーニングが充実していれば、現場でのパフォーマンス向上が期待できます。

フォロー体制の徹底

建設業は予測できない状況が発生する場合があります。人材派遣会社の派遣スタッフに対するフォロー体制がしっかりしているかどうかを確認しましょう。信頼性の高いフォロー体制があれば、緊急時にも迅速な対応が期待できます。

採用提案の柔軟性

特殊な要件をもつ建設業界において、柔軟性のある提案が重要です。一部の人材派遣会社は、建設会社のニーズに合わせて最適な人材を提案するサービスを提供しています。

採用提案が柔軟であれば、パートナーシップを築くうえで大きな利点となります。建設業のプロジェクト成功に向けて、適切な人材派遣会社の選択は不可欠です。

ニーズに合ったサービス提供、充実した教育プログラム、徹底したフォロー体制、柔軟な採用提案の要素を踏まえ、信頼性と効率性を備えたパートナーをみつけましょう。

まとめ

建設業の派遣には法的な制約があり、とくに建設作業に関わる派遣は禁止されています。これは安全確保や雇用安定のための取り組みであり、罰則も存在するため注意が必要です。しかし、一部の事務作業やオペレーター、施工管理業務などが例外として認められています。適切な人材派遣会社を選ぶ際には、サービス提供の適応性や教育プログラムの充実度、緊急時のフォロー体制、柔軟な採用提案が重要なポイントとなります。建設業界で成功するためには、信頼性と効率性を備えたパートナーの慎重な選定が不可欠です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

建設業での派遣について本記事では、派遣が禁止されている理由や罰則について詳しくみていきます。そして、法律で認められている派遣業務にフォーカスし、どのような仕事が許されているか解説します。最後
続きを読む
建設業界は、プロジェクトの期限や物理的な労働の厳しさから、従業員のモチベーション管理が特に重要です。それは正社員のみならず、派遣社員にも同じことがいえます。そこでこの記事では、建設業で働く従
続きを読む
建設業界における派遣労働者は、特有の課題と機会に直面しています。キャリアアップを目指すには、効果的なスキルと資格の向上、派遣から正社員への転換など、様々な戦略が必要です。この記事では、これら
続きを読む