建設業派遣の仕事は契約途中でも辞められる?方法や注意点をご紹介!

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/02/07


稼げる仕事として建設業派遣の仕事があります。しかし、いくら頑張っても仕事に慣れず、残業の多さに参ってしまう方も少なくありません。そこでやめようと思うわけですが、契約期間もあるのでなかなか言い出せない人も少なくありません。そこでこの記事では、建設業派遣の仕事を契約途中でも辞める方法、および注意点をご紹介します。

契約途中でも辞められる?仕事を辞める方法は?

契約途中で建設業派遣の仕事の仕事を辞めること自体に問題はありません。ただ、自分で勝手に辞めるのはよくないので、正しい手順で仕事を辞める必要があります。派遣会社とはこれからも付き合っていく可能性があるので、その付き合いを続けやすくするための正しい仕事を辞める方法を解説します。

まずは派遣会社に連絡

派遣会社のあなたの担当者に電話連絡してください。かりに派遣初日であったとしても、派遣先に重大な問題があるような場合には、すぐに連絡して仕事をやめたい旨を伝えましょう。「電話連絡だけで辞められるの?」と不思議に思うかもしれませんが、そもそも派遣社員は正社員ではありません。したがって、正社員のように退職届のような形式的な書類は存在しません。電話1本でも辞められるのが派遣社員なのです。

派遣先にはいつ伝える?

契約途中で仕事を辞める場合は、お話ししたようにまずは派遣会社への連絡が必要不可欠です。そこで知りたいのが、派遣先に辞めることをいつ伝えるのかという部分でしょう。もちろん伝える必要はありますが、後回しで問題ありません。

まずは派遣会社と調整に入り、そちらとの話がついたら派遣先に連絡を入れてください。間違ってもしてはならないのが、最初に派遣先に直接辞めると伝えることです。派遣会社に連絡が行き「そんなことは聞いていない」とトラブルになりやすいのです。あなたの信用が派遣会社内で落ちることになり、辞めたあとに仕事を回してもらえなくなる恐れもあります。派遣会社から許可が出たあとに、派遣先に退職希望を伝えるのが通例です。

更新まで働き続けるのも一つの方法

辞める理由が、自分に合わない、なんとなく嫌だという曖昧なものである場合は、更新まで働き続けるのも選択肢の一つです。辞める理由が曖昧だと、身勝手と判断される可能性もあり、今後その派遣会社から仕事を紹介してもらえなくなるかもしれません。もちろん、派遣会社は多くあるので、ほかに登録すれば済む話ですが、継続して利用し続けようとするなら、更新まで働き続けるのも一つの方法です。

どうしても即日で辞めたい時は?

あまりにもひどい派遣先であり、即日やめたい場合もあるでしょう。そんな時は、こちらに紹介した流れで手続きを進めてください。

1.私物を回収する

職場においてある私物を回収しましょう。回収しないでいると、辞めたあとに回収しに行かなければなりません。会いたくない職場の人と顔を合わせる機会が増える可能性もあるので、事前に引き上げておくのがおすすめです。

2.退職する理由を明確にする

なぜその職場をやめたいのか、自分の中で明確にしておきましょう。「就職前の話と違う」「パワハラやセクハラがある」などであれば、派遣会社も納得させられるでしょう。

3.派遣会社へ連絡する

派遣会社を連絡し、即日仕事をやめたい旨を伝えましょう。その際は、前述した退職理由を必ず伝えてください。やむを得ないと感じさせられる理由であれば、引き止められることもないはずです。

4.ほかの派遣会社に登録する

即日仕事を辞めると派遣会社に迷惑をかけていることになるので、今後の仕事の紹介は難しくなります。したがって、ほかの派遣会社への登録を検討しましょう。

契約途中で辞めるのが認められるケースとは

やむを得ない事情があると判断される場合は、契約途中でも仕事をやめられます。代表例が、契約内容と現場の実態が異なるケース、パワハラが横行しているケース。サービス残業など違法行ためが発生しているケースなどです。ほかにも、体調を崩した場合や家族に不幸が起きた場合なども仕事を辞められます。

契約途中で仕事を辞めるリスクと注意点

契約途中で仕事を辞めてしまうと、派遣会社に迷惑をかける事になるため、次回の仕事の紹介は難しくなります。もちろん、やむを得ない事情がある場合は今後も仕事を紹介してくれる可能性はありますが、難しいところでしょう。紹介されたとしても、肉体労働系やブラック企業が多くなる可能性があります。

だからこそ、契約途中で派遣の仕事を辞めた場合は、ほかの派遣会社への登録が望ましいのです。派遣会社を変えれば、また新たに仕事を紹介してもらえます。なかには優良な仕事を紹介してくれるところもあるでしょう。

まとめ

建設業派遣の仕事は契約途中でも辞められます。しかし方法を誤ると、退職したとしても今後の自身の信用が失墜することも考えられ、難しい立場に追いやられることもあるでしょう。一方で、新しい派遣会社に登録すれば、それらのデメリットもなくなります。派遣会社を変えれば、即日退職の影響も実質的にありません。どうしても派遣先と水があわず働きたくない場合は、派遣会社に連絡し退職したい理由を告げ、辞めさせてもらいましょう。そのうえで新しい派遣会社へ登録すれば、新しい仕事を紹介してもらえるはずです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

建設業界で働く際、派遣社員としての給与について気になる方も多いことでしょう。この記事では、建設業派遣の平均時給やボーナスの有無に焦点を当て、建設業派遣の給与事情や同一労働同一賃金の制度などを
続きを読む
建設業界でのUターン・Iターン転職には独自の魅力があります。地元での生活安定と仕事の両立、一方で求人の制約や給与の変動など検討すべきポイントが存在するのです。この記事では、建設業界における転
続きを読む
プラントエンジニアはプラントの建設や管理に従事する専門家。未経験からでもチャレンジ可能で、派遣として働くことで柔軟な働き方が可能です。この記事では、プラントエンジニアの役割や必要な資格、そし
続きを読む
人材派遣関連コラム