派遣とアルバイトはどう違うの?雇用形態の違いや給与の差はある?

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/07

最近ではワークライフバランスを重視し、正社員ではなくアルバイトや派遣社員といった雇用形態を選択する方が増加しています。しかし、アルバイトと派遣社員の明確な違いについてはよくわからないという方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では、派遣とアルバイトの違いについて詳しく解説します。

派遣社員の働き方

働き方改革やワークライフバランスという言葉をよく耳にするようになり、自身の働き方についても見直したいという方が増加している傾向にあります。

正社員はアルバイトや派遣社員と異なり、給料が安定していたり、会社の福利厚生を充分に受けることができたりとさまざまなメリットがあります。しかし、就業時間が決められていたり、残業が発生したりと拘束時間が長く、派遣社員やアルバイトと比較して自由度が低くりがちな点がデメリットです。

そこで、ワークライフバランスを重視できる働き方として、派遣社員やアルバイトの人気が高まっています。とくに小さなお子様がいる主婦の方で自宅にいる時間を増やしたい方や、プライベートの時間を大切にしたいという方は、正社員よりもアルバイトや派遣社員が最適な働き方であるといえます。

しかし、どちらも自由度が高い働き方であると認識されている反面、双方の違いについて充分に理解していない方も少なくないのではないでしょうか。しかし、雇用形態は働く上で非常に重要なポイントです。なぜなら、派遣社員とアルバイトにはそれぞれ異なる特徴があり、理想の働き方を実現するためには双方の働き方を理解した上で雇用形態を選択することが大切だからです。

そこで、まずは派遣社員の働き方について紹介します。派遣社員は派遣会社が雇用主となっていることが最大の特徴であり、給与も派遣会社から受け取ります。そして、派遣会社から紹介を受け、派遣先の企業へ派遣されて働くという形式です。

そして、派遣社員は一つの派遣先の同じ組織で働くことのできる期間は3年と定められています。また、派遣先を変更したい、悩んでいることがあるという場合は、まず派遣会社に相談し、柔軟に対応してもらうことができます。

アルバイトの働き方

アルバイトは派遣社員とは異なり、就業先の企業から直接雇用されています。そのため、給与の受け取りも雇用主である就業先から直接受け取る点が特徴です。

また、アルバイトは派遣社員と異なり、雇用期間が無期雇用のものと有期雇用のものがあります。有期雇用のアルバイトは、イベントで1日だけの求人や、数か月限定で働く求人などさまざまな募集があります。また、一般的には無期雇用の求人がほとんどであり、期間の定めがない状態で働くことが可能です。

アルバイトは、未経験でも採用してもらえる求人が多いことに加え、他の仕事とのダブルワークや学校に通いながらでも働くことができます。そのため、アルバイトを通じてさまざまな職種にチャレンジしたい、資格の取得を目指しながら働きたいといった個人の目的や目標に応じて職場環境を選択できることがポイントです。

建築業界でアルバイトとして働くことはできる?

アルバイトと聞くと、飲食店のスタッフやアパレルショップの店員を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし、アルバイト中には建築業界の求人もあります。

建築業界でのアルバイトは、体力が必要であることに加え、短期や日雇いといった雇用期間が限定されている求人が多い点が特徴です。そのため、一般的なアルバイトと比較して時給が高く設定されており、短期間で効率よく稼ぎたいと考えている若者や学生に人気のアルバイトとなっているのです。

しかし、建設業界は経験や技術が必要な業務内容がほとんどであり、技術のある職人が専門的な内容の業務を行っています。つまり、アルバイトは専門的な業務内容ではなく、簡単な手伝いが主な仕事となるのです。

たとえば、トラックから荷物を運んだり、建築資材を移動させたりといった業務内容が挙げられます。その他にも、現場の後片付けや職人の元に荷物を届けるといったことがメインの業務内容です。

しかし、誰でもできる簡単な業務内容とはいえ、建築現場でのアルバイトは屋外での作業となります。そのため、体力が必須であり、誰でも従事できるわけではないのです。つまり、建築現場でのアルバイトは、体力に自信があり、しんどくても効率よく稼ぎたいという方におすすめのアルバイトであるといえるでしょう。

 

正社員よりも自由度の高い働き方である派遣社員とアルバイトにはそれぞれ異なる特徴があります。また、派遣社員とアルバイトの最大の違いは雇用主が異なるということです。そして、雇用主が異なることで、給与の受け取りや働き方にも違いが生まれるのです。つまり、理想の就労環境を実現するためには、それぞれの特徴を理解し自身の要望や希望にマッチする雇用形態を選択することが重要なのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

建設業界が未経験の派遣社員でも働けるのか?と疑問に思っている方もいるでしょう。建築業界で働いたことがないけれど建築業界に興味がある、今後建築業界で活躍したいと思っている方、建築業界で活躍する
続きを読む
そろそろ住宅を購入したいなと思っている派遣社員の方、住宅ローンの申請が通るかどうか心配する方が多くいるのではないでしょうか?正社員として働いていたら、年収さえクリアしていればローンの申請も問
続きを読む
働き改革が進んでいる昨今、派遣社員が注目を集めています。自分のライフスタイルに合わせたり能力を活かせたりすることが魅力の1つです。そんな派遣社員は登録できる年齢に制限があるのでしょうか。今回
続きを読む