BIMオペレーターの将来性や年収、必要な資格について解説!

公開日:2024/03/15  

BIMオペレーター

建築分野で急速に普及しているBIM技術。その中で注目を集めるのが、BIMオペレーターという職業です。この記事では、BIMオペレーターの将来性や年収、必要な資格に焦点を当て、その魅力やキャリアの展望について詳しく解説します。BIMソフトの進化や業界の動向に敏感な方々にとって、これからのステップに役立つ情報を提供します。

BIMオペレーターの仕事内容と特徴

BIMオペレーターは、建築の設計士からの指示を受け、BIM(Building Information Modeling)ソフトを駆使して図面の作成・修正を行います。CADオペレーターとは異なり、BIMオペレーターは直接3次元でモデリングを行い、建築に関するさまざまな情報を統合的に扱います。

BIMソフトの特徴として、資材の強度やコストの管理、建蔽率や容積率の計算が挙げられます。この職種の特徴や仕事内容を理解することで、将来性やキャリアの可能性に迫ります。

BIMオペレーターが利用するソフトウェア

BIMオペレーターが活用するおもなソフトウェアは、Archicad、GLOOBE、Autodesk Revit、Vectorworks Architect、Rebro、TAKAMIYAのBIMなどがあります。それぞれのソフトウェアには特徴が異なり、建築プロジェクトのニーズに合わせて選択されます。

企業ごとに利用しているBIMソフトが異なるため、転職活動時には操作経験が求められるソフトを把握しておくことが重要です。

無料体験版を活用したスキル向上

BIMソフトは高価であるため、初めて触れる方には無料体験版を活用することをお勧めします。

自身が慣れ親しむソフトを見つけ、基本的な操作やモデリングに慣れることが重要です。これにより、転職時や新たなプロジェクトへの参加において、スムーズな作業が可能になります。

BIMオペレーターに向いている人・向いていない人

BIMオペレーターには特定のスキルや性格が求められます。これからの見出しでは、向いている人と向いていない人の特徴に焦点を当て、自身の適性を見極める手助けを提供します。

BIMオペレーターに向いている人の特徴

BIMオペレーターに向いている人は、PC操作に慣れていることが基本です。

また、同じ作業を継続してこなすことが苦にならない姿勢や、コミュニケーション能力、責任感があることが求められます。建築プロジェクトはチームで進行することが多く、円滑なコミュニケーションが不可欠です。

BIMオペレーターに向いていない人の特徴

逆に、BIMオペレーターに向いていない人は、PCの操作が苦手であることや、継続して学習することが苦手な方、自分のペースで仕事を進めたいという志向が挙げられます。BIMソフトは頻繁にアップデートされ、業界の最新の知識や技術に追従する必要があるため、継続的な学習意欲が求められます。

BIMオペレーターの平均年収とキャリアアップ

BIMオペレーターの平均年収は約330万円~400万円ほどであり、勤務先やポジションによって変動します。この見出しでは、BIMオペレーターとしての年収や給料を上げる方法に焦点を当て、将来性やキャリアアップの展望を考察します。

BIMオペレーターの平均年収と日本全体の比較

BIMオペレーターの平均年収は約330万円~400万円であり、これは日本全体の平均年収約430万円と比較すると低い傾向があります。

しかし、実務経験を積みスキルを高めれば、日本全体の平均年収を超えることが可能です。とくに設計士との協力やBIMを活用した効率的な図面作成ができると、年収向上に寄与します。

BIMオペレーターとして年収を上げる方法

正社員として勤務する正社員としての立場で働くことで、安定した収入と福利厚生が期待できます。契約社員からの正社員登用や、新たな求人情報を注意深く探すことが重要です。

大手企業に就職・転職する大手の設計事務所やゼネコンでの勤務は、規模の大きなプロジェクトに携わり、報酬が高くなる可能性があります。

また、福利厚生面でも優遇されることが多いです。実務経験を積んでスキルを高める実務経験を積み、モデリング技術を向上させることで、BIMオペレーターとしての人材価値が高まります。

難しい案件にも対応できるスキルを身につけましょう。関連資格を取得するBIMソフトに関する資格を取得すると、資格手当がもらえる可能性があります。

また、資格保有者はスキルがあると認識されやすく、転職の際に有利になります。これらの方法を組み合わせることで、BIMオペレーターとしてのスキルと収入を向上させることができます。

まとめ

BIMオペレーターは、建築分野での需要が高まりつつある職業であり、その将来性は明るいといえるでしょう。BIM技術の進化や国土交通省の推進により、今後も需要は増加していくと予測されます。

平均年収がまだ一部の職種と比較して低いこともありますが、実務経験とスキル向上を図ることで、日本全体の平均年収を上回る可能性もあります。将来を見据えたキャリア構築のためには、正社員としての勤務や大手企業への就職、実務経験の積み重ね、関連資格の取得が重要です。

BIMオペレーターとしての成長と将来の展望に向けて、適切なステップを踏んでいきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

建設業での派遣について本記事では、派遣が禁止されている理由や罰則について詳しくみていきます。そして、法律で認められている派遣業務にフォーカスし、どのような仕事が許されているか解説します。最後
続きを読む
建設業界は、プロジェクトの期限や物理的な労働の厳しさから、従業員のモチベーション管理が特に重要です。それは正社員のみならず、派遣社員にも同じことがいえます。そこでこの記事では、建設業で働く従
続きを読む
建設業界における派遣労働者は、特有の課題と機会に直面しています。キャリアアップを目指すには、効果的なスキルと資格の向上、派遣から正社員への転換など、様々な戦略が必要です。この記事では、これら
続きを読む